任意売却取扱主任者になろう

任意売却取扱主任者についてつづっています。

相性のいい資格

任意売却取扱主任者の資格を取得しよう!活かそうと思ったときに、単発でこの資格を使うよりも他の資格と併用していくのが良い場合もあります。

このページでは任意売却取扱主任者の資格を活かして仕事をするのに相性のよさそうな資格を紹介したいと思います。

相性の良い資格でいうとなんといっても宅地建物取引士が一番相性がよいでしょう。任意売却を含む不動産売買の仲介をするのに必要となる国家資格であり、不動産業界で勤務・独立をするには必須の資格といえるでしょう。任意売却取扱主任者の受験資格に宅地建物取引士の資格を有していることがありますね。

宅地建物取引士の試験の詳細はこちらのページから見られます。

任意売却は住宅ローンの支払いを滞納することも関連します。債務整理を主業務とする弁護士や司法書士の資格を有する方が、住宅ローン問題で債務を負ってしまった人にどのようにケアをするのか高度な知識とノウハウを持ち合わせていることを証明するために、任意売却取扱主任者を持っているダブルライセンサーもいらっしゃいますね。

前述のように任意売却は住宅ローンの負債をどうにかしたいという要望から生まれたものです。家計のドクターであるファイナンシャル・プランナーを合わせて取得しておくことは、より高度な信頼性を得るのにピッタリかもしれません。

ほかにも、不動産にまつわる資格としては、住宅ローンに関する相談に乗ることができる、住宅ローンアドバイザーや不動産コンサルティングマスターといった資格を有している方の多くいらっしゃいます。

任意売却からは多少遠くなるものの、マンション管理業務主任者のような資格を持っていることは、不動産業界で活躍するにあたって幅の広いプレイヤーとして活躍できるかもしれません。

このページでは任意売却取扱主任者資格と相性のよさそうな資格についてお伝えさせていただきました。

不動産業界にかかわる資格は国家資格から民間資格まで多種多様なものがありますので、自分が活躍するステージに応じて取引先・顧客から信頼が得られそうな資格の取得を目指すことが好ましいでしょう。

広告を非表示にする