読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任意売却取扱主任者になろう

任意売却取扱主任者についてつづっています。

業界注目?任意売却取扱主任者ってどんな資格?

任意売却取扱主任者ってなんだ?

任意売却とはなにかを知りたい方はリンク先を見てみましょう

不動産業界には様々な資格があります。

国家資格としては、宅地建物取引士(旧名称:宅地建物取引主任者、略して宅建)があります。不動産業界に身を置く人にとっては必須の資格でしょう。

不動産売買の形態の一つとして、住宅ローンが払えなくなったりした人が持っている不動産の売却をする任意売却という手法があります。

担保権が設定されている不動産である点や金融機関との取引が必要になる点で非常に特殊な取引になることから、担当者には高度な知識・ノウハウが必要になります。

任意売却取扱主任者はその高度な知識・ノウハウを有していることを制度を利用するユーザーに証明するために、一般社団法人全国住宅ローン救済・任意売却支援協会が行っている民間資格になります。

任意売却取扱主任者こんな人に向いている

任意売却取扱主任者の資格は次のような人に向いているのではないかと思います。

  • 任意売却物件の取扱いをする不動産会社に勤務する人
  • 任意売却物件の取扱いをする不動産会社に就職をしたい人
  • 金融機関に勤務をする人

1.任意売却物件の取扱いをする不動産会社に勤務する人

近頃では任意売却物件の取扱いをする不動産会社が増えてきました。

そのような会社で勤務するにあたって、会社の一員として、救済を必要とする住宅ローン問題や離婚問題で苦しむ人の解決のために資格を取得することは、必要な知識・ノウハウを養い、顧客に安心を与え、会社の信頼にもつながるのではないでしょうか。

2.任意売却物件の取扱いをする不動産会社に就職をしたい人

任意売却物件の取扱いをする不動産会社に就職したい人は、その業務に従事するために十分な知識・ノウハウを持っていることを証明することができるようになりますね。

3.金融機関に勤務をする人

任意売却物件の取扱いは金融機関としても会社との交渉ごとが発生します。住宅ローンの債権者側となる金融機関に勤務をする人にとっても、どのような経緯で債権の取扱いをするのか知るうえで有意義な資格になるのではないでしょうか?